<<地震予知実績>>
(c) 西川美幸(Miyuki Nishikawa, Ph.D.(University of Tokyo, 2004)、前・日本物理学会代議員)
(LastUpdated 2014/05/21(微修正のみ) ここはまとめサイトで、リアルタイムな予想は ブログ に書いています。前書きが目障りな方は 直接実績、震災約1年前からの警告歴は こちらへ。)
私は、2011年3/11、4/7、4/11、5/10のM7超地震について、全て 2日前から
12時間前までに、月の角度などの異常
を掲示板や「なゐふる」等で報告していました。

真実。
私は2011/3/11震災の約1年前からだけ、本当に複数の宏観異常(潮汐依存の苛々感および天候異常、月の違和感、逆流の疑われる事象等)を感じていたので、震災前に自他のブログ等、公開WEB上だけでも10箇所以上に警告していました。 日本地震学会公式メーリングリスト「なゐふる」 など、証拠は沢山あります。

事後に偉そうなことを言っている政治家や学識経験者、専門家達のうち、誰がこの中学生でも入れる無料MLに含まれてどんな主張をしたのか、無料で過去ログをご覧になれます。

地震予知できもしなかったのに事後に売名行為をしたり、できた人に罪を着せる人がいます。 無料MLに加入して防災情報を得るというほんの僅かな努力を怠って、スポーツ観戦等をしていた人を 英雄扱いするのはおかしいのではないでしょうか。 対戦型スポーツは、それ自体は何の役にも立たないのにわざわざ人を敵と味方に分けて勝敗を争い、 必ずどちらかが負けて悲しむことになる、敵の失敗を喜ぶようなゲームだと思います。 なぜそんなことを税金で推進する必要があるのでしょうか?

物事の本質や真偽を見分ける力を身につけてください。自殺予防や、面識も、何の利害関係もない死刑囚の弁護をするために長年 超対称性詐欺公益通報 をした私は、震災についても事前に警告できました。それを軽視したり、削除したり、関係ない容姿の嘲笑で返した一部の男性達 は、軽い気持ち(攻撃本能?)でも被害を増やすほうに加担しました。証拠は 「2ちゃんねる」掲示板 からも沢山リンクされています。(但し ブログ へのSPAM コメントについては塞翁が馬で、消せなかったことで事後に書き換えていない証拠になる可能性もあります)

私は今も研究職には就けていませんが、どうせなら手段を問わず平均寿命を 半年延ばせるほど夢のある研究をしてみたく、2010年には、休日に勝手に寿命統計などを調べていました。 ニンニクは体に良いか等の謎の研究 も含まれます。ごく普通の科学者になりたいだけで、出世競争に興味は持っておりませんが、その一環で地震予知もできたのです。) 阪神の前兆証言集 をネット上で 全部読むなどの努力もしていましたから、初投稿の割に精度が高かったのは偶然ではありません。
私は化粧をして他人に笑顔を振りまくような性格ではありません。協調性がなくて不器用なので他人に迷惑をかける事も多いですが、幸い仲の良い両親に恵まれたため、他人の不幸を願うことは少ないと思います。

「ヒロシマのピカ」や「黒い雨」なら10歳頃に読みました。夢に出てうなされる程でしたが、後になって放射線は医療に使われることもあるのだと知りました。事故が起きてから放射能の「見えない恐怖」を煽ることなら、小学生でもできるのですよ。妹は本当に、震災後は原発事故の心配ばかりしていて早まって命を失いました。私は小柄な女性だからか、希望しても研究職には採用されず、男性に「大学の研究なんて遊びだろう、仕事してた方がずっと偉い」、「能力がないと思うから研究はさせない」と決め付けられたこともありますが、彼らは予知できませんでした。
現実の問題解決には、女性ホルモンや科学的に観察する態度、ちゃんと物理の専門知識を学ぶことこそが必要だったのです。公益通報HPが権力より強いことを祈ります。

1.2011年2/27と3/10に、過去2年間で2度だけ、宏観異常を 掲示板 に報告していました。 2/27の 「No.118940 2/21、月が大きく見えました」 と 3/10の 「No.119187 些細なことですが」です。

生まれて初めて投稿した、後出しでない未来地震の予想でした。 2/27時点で 銚子漁港での予測潮位から、危険日を予測しました。 「月が信じられないくらい大きい」「太平洋東海岸、中緯度地域」と規模や地域は的中していますが、日時については 3/9が、満月ではなく新月の後の、満潮が2回で干潮が1回の日でした。 2/27の時点では月が南北どちらにいるか判らなかったのですが、3/9には月が高いところにあったため(※)、3/10に角度の異常を報告しました。
(※高さは65度と書いてしまいましたが、45度の見間違いだったのか今も悩むところです。でも水平に近い傾きのほうが異常だったかも)
 これらの通報事実は、2013年の7月下旬に、宏観異常レポート掲示板の管理人様に 証明して頂く ことができました(No.5236-5238)。肝心な時に書き込めなくて後で寄付金を募っている掲示板もある中、 長年続けて来られたこのサイトの管理人様には、正直なご対応に心より感謝を申し上げます。2007年頃から存在は 知っておりましたが、たまに見るだけで、書き込んだのは2011/2/27が初めてでした。
(ちなみに、Wikipediaの記事が本当なら、故・ 和達三樹教授 のお父様、 和達清夫・初代気象庁長官 は、阪神大震災の約12日前に亡くなられたようです。 弘原海清教授 については東北沖関東大震災の約2ヶ月前。震災後に知って驚きました。私も家族を震災後間もなく亡くしましたが、 男性にも、地震に特に敏感な体質があって、そのような人が教授になったのか、何か(政治?カルト?)犯罪にでも巻き込まれたのか、悩むところです。)

2.4/7は 「No.124301 4/6の三日月は逆回転、速すぎる落日」 を朝のうちに掲示板と「なゐふる」の両方に送りました。当初予想していた4/9には何も起こらなかったのですが、月が消える異常は継続していたため、ずれたと思い、4/9には 前兆現象の調査・研究・情報掲示板「No.907 4/9、22時30分から22時50分の月にも異変が起きる!?」 を投稿して、 「なゐふる」にも 「もし余裕があれば今日22:45-23:10の月を見てみては?地域による見え方の差がわかれば今後役立つかもしれません。」 と呼びかけました。上記、すべて客観的に検証可能な、物理的現象です。

地震の専門家や教育・マスコミ関係者を含むメーリングリスト、 「なゐふる」 には2010年9/5に加入しました。掲示板には後学の為、軽度異常まで報告しましたが、「なゐふる」には明らかな異常しか送らなかったため、場所については誤差が大きいですが、 大地震の期日についてはプラスマイナス2日で半分くらいの的中率となっています。
加入時の自己紹介で既に、仙台の危うく津波を免れた地名『すゑのまつやま』に言及して、 「『たかさごのおのへのさくら』は凶兆だったのか」と送信していました。 2011/4/2には「不急です」と大余震がしばらく来ないことまで助言。誰でも無料で加入できて過去の投稿をご覧になれます。地震予知に至った多数の微妙な月以外の異常も事後には投稿。 2010年9月には職場でも、勤務時間外に自費で勝手に研究した地震予知やチェルノブイリ現状の原稿を公開していました。

3.5月については、4/25に 「(銚子漁港での)予測潮位だけから見れば、次の新月5/3まではあまり問題なさそうです。それに、来月は、干満の時間差が4時間を切ることもないようです。 5/8は満潮2回、干潮1回の翌日で、かつ晩に差が4:30となるのが気になる程度。」ブログの上のコメントに書いていました。

結果、5/8に異常報告した後は小笠原ではなく、5/10に、ローヤリティー諸島でM7.1の地震が起きました。 誤差は大きいですが、初めから、遅れた場合は南下すると予想を公表しており、日本については直前に 「激しくない雨も降りましたから、やはり今日は、日本の大部分では心配なさそうです。」 と注意を解除していました。 5月の他の日にはM7以上の地震が起きず、予想通りでした。

4.ブログのプロフィール 通り私は、東京大学で理論物理を専攻して、博士号を取得した女性です。

素粒子物理や数理物理については年収24万円のティーチングアシスタント経験もありますが、大学院では7年間 アカデミックハラスメントを受けて、就職していたら稼げたはずの2千万円を失いました。この被害は今も解決しておらず、2008年から 文科省へ公益通報もしています。 LHCに関する掲示板 に投稿した被害届(No. 83-88)も参照。

5.博士論文元原稿(参照)では 「超対称性理論というのは、慣性系と回転系を混同した、高校生でも判るような誤りである」 と明記しています。上記の地震は月が近づいて、地球の公転による遠心力にアタックを加えたことも主要な原因のひとつだと思います。

このことは、2011/9/17-20が 1ヶ月前のブログでの予想 通り、台風で双子だったことからも判ります。「なゐふる」の約500人に事前送信していました。
しかしこの博士論文は、5人の審査委員によって問答無用で1/6に削除させられました。30年前からひとつも見つかっていない 「超対称性粒子」の研究者ばかりが、在学中から私の20倍の年収の研究員に採用され、税金で海外留学もさせてもらえました。 反面、指導教官の主要業績と異なる結果を導いてしまった私は、今も研究職にはつけておらず、今までにもらえた研究費は0円です。
さらに 2012/3/14, 18には、2011/2/21以来約1年ぶりに転びました。 理由不明ですが、これも3/31, 4/3の嵐の約17日前というタイミングです。 3/19には 掲示板 と 「 なゐふる 」の両方に、約5ヶ月ぶりに事前投稿しました。反面、 2011年末には、某予想(2012/2月までにM9)と異なり最近は大地震のおそれがないことまで助言 していました。

6.上記のM7級以上の地震の多くには、直前に月の角度異常が見られました。実は、このように 2体問題における、スピン間の角度が重要なパラメータであることは、削除された部分の原稿、図4 (pptのp.7)に明示 してありました。

コメントも参照。 まさか地震予知に役立つとは思いもよらず書いておりました。東京大学物理学専攻の教授たちが皆、この学問の自由に反する アカデミックハラスメントを隠蔽したということは、今回の震災は悪質な学者達の組織的詐欺犯罪による、人災ではないかとも思います。 ただし、私が詐欺というのは、観測だけで手間がかかりそうな地震学者ではなく、超対称性粒子の研究に 税金(「超対称」を検索) を使った素粒子物理学者、約百名についてです。審査委員の一人が研究していた原子核物理の「クォークグルーオンプラズマ」なども、 私にとって信頼できない研究です。

7.地震予知の経緯ですが、自他のブログにて、2009年5月には 原発の危うさについて、2010年の2月には将棋と地震予知 、 秋頃からは その続き から 月の重力洪水 について注意喚起しました。2010/3/11には 一部漁港の短命さを指摘 していたようです(日付をまたいで書き直していない記憶と、この頃に確かにこの文章をコメント欄に書いた記憶はありますが、本当にこの日付だったかは憶えていません。このコメントはMSN産経?で寿命統計表が更新された記事を読んだのがきっかけだったと思います。前からリンクしていましたが以前、この実績まとめ頁を更新した際に意図せず外してしまいました。この、私と面識がない素粒子実験学者のブログには、震災前に他にもコメントしていたのですが、略)。 一番敏感らしいのは、2010年1月からの月経周期の延長でした。数年前からの記録も見直すと、太平洋側に大地震が起きた月にはスキップすることがありました。しかし月経は元々月に約一回しかなくて、別の原因でもずれるため、明確ではありません。意識したのは、2010年夏からの月齢依存の苛々感が先です。これは潮汐依存で突発的に数十分続き、満潮2回干潮1回の日や、(光の差さない屋内にいたとしても)大きな月が頭上に昇って来る頃、特に起きたので、おかしいと思いました。余震についても、近場の地震では数日前〜当日に苛々することがありました。特に月経前に限りませんが。プロラクチンやプロゲステロンの効果か、何かご存知の方いらっしゃいませんか?

2002年からHPで量子重力の研究成果や、重力波の計量は潮汐型になる(※)などの 用語解説 を公開しておりました。掲示板には2004年頃から、「ATLAS at Osaka」ブログには2009年頃から、専門の理論物理学に関するコメントを「nisimiyu」「μ」などのペンネームで投稿して参りました。
(※だから2011年3月には、地震予知の初心者ですが、雲の直交感を重視しました。今まで空を見て地震雲ではないかと思ったのは約10回で真偽は研究中です。)

 2010年からだけ、急に増えて公開WEBだけでも10ヶ所以上の事前警告に至ったおおよその経緯は 2012/9/18学会発表原稿 にあります。このうち2010年8月の自家感作性皮膚炎については、疑念のないよう受診した病院名も コメントに明記 させて頂きました。私が薬を拒んだから悪化しただけで、お二人とも名医だったと思います。 その後は2012年8月頃は嵐の前に数個の発疹がありましたが、2013/8/17現在、今年はまだ一個も出ておりません。

8.2008年から「科学者の嘘による次世代の被害は、命に関わる深刻な結果になる場合が多いので迷わず議論しましょう。」 と警告していたことが、最悪の形で現実になり、悔しい思いです。

ブログ を見ればわかるとおり、一部の人は真面目な研究内容に関するコメントをくださいました。しかし、死刑囚や自殺者も出た 深刻な内容なのに、ふざけていると思われたのか、からかうような反応も多かったです。Wikipediaの、多くは削除された投稿記録 その1(削除後) (削除前)その2その3その4その5 も参照。なお、2004年頃から「2ちゃんねる」にある「μ理論」というスレッドは、私に関する噂だと思いますが、 震災前は自分では数回しか投稿していませんでした。関係ない容姿の悪口や、私の名を騙って、実家は団地なのに 「豪邸に住んでいる」とかカメラを持っていなかったのに「盗撮している」とデマを言いふらされたことには閉口しましたが、 中には論文についてコメントして下さった方もいるので、削除は希望しませんでした。 part5からは ご質問に応えるなど、多くの投稿をしております。建設的な議論は大歓迎です。

9.私は、700億円の税金を使うLHC実験における、超対称性研究の欺瞞性を 2001年から公言して迎合しなかった ことで3億円、1.の東北沖関東大震災を 前日に注意喚起していた事実だけでも3億円の価値ある仕事を、無給でした と思います。

自ら2千万円の被害を受けたこの組織的な詐欺犯罪については、 ブログのプロフィール 通りアカハラの事実を、学内調査委員会に否定されました。そこで 2008年6月に文部科学省に公益通報したほか、公正取引委員会や (本郷本富士警察署、生活安全掛の担当者には取り合ってもらえなかったため) (※)裁判官ネット、WEBにも実名で被害届を出して訴えてきました。
また、今回の震災を事前に予知できたら、未然に防げていたはずの経済的損失は、数兆円と言われています。科学的真実に忠実であろうとしたために、 助手にすら採用されず、長年の不利益扱いや嘲笑に耐えつつ公益通報していた私にこそ、 数億円の報奨金や研究費をください
70歳過ぎまで救急病院の保健婦をして学費を補助してくれた祖母や、学業第一で育ててくれた両親には、 幸せな老後を送る権利があると思います。
(※2011/10/12修正)検察審査会については草稿を準備しただけの勘違いでしたが、他にも7年前から少しずつ、国会議員、 未来のノーベル賞受賞者など多数の方へ、アカハラか公益通報のメールを送信した記録があります。

10.やはり自然科学を尊重する世の中になって欲しい。次世代のためにも。

素粒子理論は、一歩間違えばオウムのようなカルト宗教になりますが、正しく理解すれば、 森羅万象を説明できる可能性があります。全ての物理法則の集大成のような「究極理論」ですから、付け焼刃ではできません。 実験とまったく合わない、自称「基礎科学者」が権威を持ってしまうと危険です。 そのためか、世間では誤解も多く、「理論は役に立たない」と決め付けられることもあります。

身近な大地震の予知もできない理論なら、間違っている訳で、「究極理論」とは呼べません。反面、正しく理解すれば、 スポーツ競技のような体力任せの一時的な成功に留まらず、あらゆる役立つ分野に応用できるでしょう。 物理法則に則ってどこまでがありえて、どこからが不可能なSFなのか、区別するのが素粒子物理なのです。

震災は沢山の歯車が噛み合わさって、必然的に起きたのだと思います。私はまさかこうなるとは思いませんでしたが、 「大地震を前日くらいに的中率良く予知できる 安価な解析法を確立した人に10億円の賞金を出すコンテストがあれば、世の中は信賞必罰で面白くなるのに」 と書いてから、実際に前日に注意喚起したことになります。

2010/9/28の叩きつけるような嵐が予想のきっかけだった訳ですが、素人目にもおかしい月を見たのも偶然、仕事帰りのタイミングでしたから、 運に左右されるところがあります。しかし今後の震災も、少しの手間で前兆を伝えようとする人が大勢いて力を合わせたなら、 被害を軽減できるのではないでしょうか?

幼少時には、テレビ視聴禁止の家庭で育てられました。全員理系で、宿題を強制されるようなことはありませんでしたが、 子どもの「なぜ?」を尊重する両親だったと思います。試行錯誤をさせてくれたり、誤魔化さずにわかりやすく言葉で説明しようとしました。 物理法則に従わないコンピュータゲーム等でばかり遊んできた子が成人した場合、現実に適応できなくならないか、気がかりです。 早くまともな世界に戻ってほしい。次世代に禍根を残さないように

(以下は地震予知と直接関係ないおまけです

11.多数意見のほうが正しいとは限らないこともあるのでは。むしろ個性を尊重して妨害しないこと。意思決定においては、 とりあえず偏見のない目で各自考えてから、比較するほうが良いのかも。

数学の論文を共著するということは、少ないのではないでしょうか?一連の論理の筋道を、節目以外で継ぎ接ぎすることは難しいからです。 クロスチェックして間違いを正すのは、効率的な方法だと思います。私は子どもの頃から、つい暇なときSF的な事柄を考える癖があり、 孤立しがちでした。昼食時に友人とおしゃべりする習慣もありませんでしたが、考え事をするのも楽しかったです。 超弦理論の研究者たちは互いに論文を引用し合い、仲良く議論していましたが、私にとって信頼できない研究でした。 特に悪意はないのに、気づくとずれてしまい、周囲に合わせるのは苦手なところもありましたが、 「空気を読め」なかったのは、私を「(院試に落ちたのは)協調性がないからだ」と退学させた教授達のほうでした。 協調性がない人は反社会的と誤解されてしまう傾向はありますが、例えば このような経験 をもつ人が他にもいるのではないかと思います。応援します。

12.本能を「動物と一緒。人間の理性に劣る」と侮ってはいけません。

人間の知性が本能を説明できないとしたら、理解の深さが本能に達していないからです。どちらが特に優れているとも思えません。 2者対立的に考えると、不自然で生きづらくなるのではないでしょうか。例えば小動物は、未経験の重要な危険を察知しなければ、 毒の味など学習してからでは間に合わないと思うのですが、そんなことまで遺伝で決まるのか、不思議です。 また「古代人は迷信深くて愚か」と思いがちですが、インフラや予備知識のなかった古代こそ、ちょっとした判断ミスが 生命の危機に直結したはずなのです。古代からある宗教というのは、理由は不明でも、実用的なものが多かったのではないでしょうか? 例えば「ヤマタノオロチ」は活断層だったのかもしれません。かぐや姫や羽衣伝説、七夕などももしかしたら、 地震関連伝説だったのかもしれません。あるいは「槻山」やピラミッドは、何か自然災害が起きた時の日月の位置を表しているのかもしれません。 偏見のない目で神話を捉えなおしてみると、妄想かもしれませんが興味深いです。 特に、できるだけ誰かを悪者にしない、ハッピーエンドの解釈を考えると楽しいです。

(※注) 私は本当に、柏市立図書館で震災前年だけ、地震の本を5冊まとめて借りて調べていた他、実はどうせ信じてもらえないと思い、 今までに別の用事もあって説明しきれなかった程の記録があります。
(1)2010年9月末には、逆流や、月と地震予知、チェルノブイリ現状を含む発表原稿を会社の所属グループ内で公開しており、 2012/9/18学会発表原稿の一部はその焼き直しです。
(2)震災数日前の2011/3/6には、上司の許可を得た上で、この、殆どは自宅で勝手に研究したことをまとめた原稿内容の一部を、 (専門外の疫学的内容を含むので、薬剤師である妹や母の意見を聞いて、多くの人の健康に役立てるため) 家族に送付していました(別件で(平成23)(行ウ)555事件の証拠として提出済み)
(3)NZ地震の前日2011/2/21の夜と震災2日前2011/3/9の夕方には、私は「小青田」のバス停で何気なく見た月を 異常だと感じ、その場で(PHSなので10分ほどかかりましたが)家族と会社の自分のアドレスに、同時送信していました

(3)2011/3/7朝には当時の勤休管理上司に、「携帯用警報器の誤作動のため、遅れる」旨を送信していました。詳細の説明は しませんでしたが、出掛けに、金属のピンを引き抜くと非常ベルが鳴る形の、母からもらった警報器のピンが外れたのです。 こんなことは初めてでした。ピンは物陰に隠れてすぐには見つからず、大音量のベルが鳴り止まなくて水に漬けるほど困惑してしまった 事からも、何か特殊な磁場変動でもあったのかも知れません
(4)前日2011/3/10は朝に月の角度異常を投稿して、家族や、大学勤務の知人にも地震警告メールを送りました。午後に、上司の一人には 電車の中で、「技官をしている妹と共同研究するのが夢なんです」 と言った他、下車近くなってから、手振りを交えて 「どうやったらあんな風に見えるの?」と前日の月の角度異常を伝えました。 更に夕方には、駅から小1時間もかけて何度も月を振り返りながら帰り、実家の家族に直接何度も警告しましたが、 こんなことは生まれて初めてでした。
(5)当日も17時10分過ぎには「もうすぐ地球を一周した波が来る」と 近くの同僚に伝え、家族にもその前から自分で計算した余震推定時刻のメールをPHSで送っていました (混雑のためか、17時頃までは送信完了できませんでした)

 これらの同僚、家族、知人男性達は私の弁護も拒否していますので、証拠にはカウントしていません。 リンクしたのは誰でも読める公開の、主に面識もない他人のブログなどへの震災事前警告コメントで、それでも10件以上あります。 「nisimiyu」は在学中からのペンネームで、メールアドレスにも含まれ、別人との混同は少ないようです。 一部は
証明して頂くこともできました。 「なゐふる」で震災翌日から約1年半、実用的な予知の助言をしたのも、世界で私だけ、過去ログを誰でも読めます。このように明らかな証拠も多いです。

ホームに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system